ビジネスマンのコミュニケーション能力を高める研修|開催方法を紹介

男女

評価とツール活用

男性

企業が社員に対して行うことで重要なものとして、人事考課がある。人事考課は社員の成績や職務への取り組みなどを考慮し、昇給や昇格を決めるための仕組みである。人事考課を行う場合には、社員の成績や能力などを正確に把握した上で反映させることが重要になる。特に誰が見ても納得いく内容の人事考課でない場合、他の社員のモチベーションを低下させたり、組織全体が活性化しないなど問題点が多く出てしまう。人事考課では、営業職など成績が数値で表される場合には、それらを元に行うことができるため明確になる。しかし、職種によっては数値で成果を表すことが難しいケースもあり、そのような職種では取り組みや姿勢などを元に人事考課が行われるケースが多い。以前では、年齢や勤続年数などに応じ昇給や昇格を行う会社が多くなっていたが、最近では成果主義を取り入れている企業も多い。人事考課については、近年ではツールを導入し行うケースも増えている。ツールでは、社員の目標や達成状況などを入力していくことで、システムが評価をおこなっていく。人間が判定する場合にはその人への感情や好き嫌いなどで判断されることが多くなるが、システムの場合には機械的に判断してもらえる。その為、より公平な人事考課とすることが可能になる。また、評価を行う場合には状況などの情報を収集したりする手間や判断する時間などを要するが、システムを活用することでこれらの手間も省くことができる。